無農薬で挑み続けたバラ庭の
試行錯誤の記録


”無農薬でバラを育てるのって、
これからの私たちの生き方をシンボライズしているのではないか”
という、Tea Time(掲示板)でのKajinyさんの発言に共感するひとりとして…

無農薬でバラを育てるということは、庭に小さな生態系を築くということ。
微生物と、虫や鳥たちを庭に呼び入れ、
庭があたかも自然の一部であるかのように。
そういった生き物達の営みそのものに 私もガーデニングを通して参加しています。

庭は、バラと生き物たちと私の共同作業の場。


そして小さな実験場でもあるのです


inserted by FC2 system