初夏の庭
Border

【アナベル】
去年植え付けたアナベルに今年は案外たくさん蕾が付きました。

6/2

お隣に植えたミナズキと。バラが一段落して、庭はアジサイとユリが主役のホワイトガーデンになっていきます。

6/2
【ミナズキ】
ピラミッドアジサイです。開花株を見つけ、思わず購入してしまいました。柔らかなグリーンを帯びた白い花がたまらなく魅力的。

6/2

【柏葉アジサイ】
雨のあと、豪華に咲いてきました。大きさに圧倒されます。

5/27

手前の白い花はポピーセドリックモリス。ハリエンジュフリーシアの木陰でひときわゴージャスな柏葉アジサイです。

6/2

【ジギタリス】
コーネリアと白いジギタリスとのツーショット。できるだけ点々の無い花を選んで種を採取し、毎年蒔いて育てています。この画像は、バラの最盛期に遊びに来ていた妹が撮影してくれたものです。

5/27

そしてこちらは、ジギタリスアプリコット。柔らかなピンクのジギタリスは、毎年我が家の定番になっています。ふっくらとしてやさしい色合いが大好きな花。

5/27
【アスチルベ】
毎年咲いてくれるとても丈夫な宿根草。半日陰が大好きです。葉も美しくて頼りになるグランドカバー。

6/2

【テーブルを囲むボーダー】
今日は、一年で一番バラの美しい日。ご前中からテーブルクロスを敷き、お茶の準備です。ハリエンジュフリーシアが、午後には心地よい木陰を提供してくれるでしょう。

5/20


【ポピーセドリックモリス】
種から育てたポピーです。淡い紫から白の濃淡。赤が出ないところが気に入りました。

5/19
おしべの花粉の色に注目!です。淡いブルーグリーンがとても不思議な感じ。

6/2
クレマチス ビチセラエトワールバイオレット
シャラの木に絡ませています。今年の春に植えて初めての花が咲きました。濃い紫がシックです。

6/2


クレマチス 天塩
八重咲きのクレマチスとしては、育てやすいと思います。透明感のある綺麗なブルーです。

5/20

クレマチス アラベラ
下のユーリと同じ、木立性のクレマチスです。花径はユーリよりも一回り小さ目゛

5/20


【クレマチス ユーリ】
シャリファアスマの蕾とともに咲いてきました。

5/11


【クレマチス ドクターラッペル】
普及種です。剪定枝をトレリスに立てかけて誘引しました。

5/8





午後の光を浴びて金色に輝いているのは、クレマチスドクターラッペルの実。このまま摘んでリースにも使えます。

6/2
【クレマチス ヤング】
こちらも普及種。青みが強く出て、ピンクのバラととても良く合います。バラのトレリスいっぱいに広がって咲いています。

5/8

【斑入り葉のコーナー】
上の画像のカクテルの足元あたり。半日陰の小さな植えこみに茂った斑入り葉達。何が入っているか、わかりますか?

上から、
本斑タニウツギ
五色ゼリ
斑入りミズヒキ
などなど

5/8
【白いアリウム】
薔薇の足元で咲きました。葱坊主のようなユニークな花。薔薇に合わせて、もうすぐボーダーも満開に。

5/11
inserted by FC2 system